弁護士秘書の法務転職市場動向

弁護士秘書の業務は、各法律事務所や担当弁護士によっても大きく異なりますが、一般的には弁護士のスケジュール管理、来客・電話対応、資料作成のような一般的な秘書業務に加え、弁護士の作成した書面の文書処理や、文献や電子媒体のリサーチ等、その業務内容は多岐にわたります。
「事務員」、「アシスタント」、「セクレタリー」などと呼ばれる場合もあります。

一般企業のようなマンツーマンの秘書形態ではなく、1人の秘書が2,3名の弁護士を担当することが多いようです。
グループセクレタリー制を導入している法律事務所では、数名の秘書から構成されるチームが数名の弁護士を担当する場合もあります。

求められる能力は一般的な秘書能力と大きな違いはありませんが、弁護士に代わり文書処理を効率よく行う必要があるため、高いPCスキルが求められ、特にWordスキルは必須事項となります。

渉外法律事務所や外資系法律事務所では、外国人弁護士の担当になることもあり、またクライアントが外国人の場合も多いため、英語力も重視されます。


弁護士秘書、法律事務所スタッフ、パラリーガルなどの求人情報


トップへ

Copyright© 2005-2017 Intelegal Co., Ltd. All Rights Reserved.